給油担当のレース参戦記(岡山)

鈴鹿"優勝"の、反響はすごいですね〜〜!「ランボルギーニ」ファンが増えてうれしい限りです!!

給油担当のレース参戦記(岡山)

 前回の鈴鹿、ランボルギーニで世界初の優勝をなしとげたムルシェラーゴRG-1ですが、岡山国際のレースに向けて、88号車は、40kg、87号車は、20kgのハンディウエイトを搭載します。普通ならばこれだけのはずが、GTAからはリストリクターを2段階小さくするように言われてしまいました。しかもレース1週間前にいってくるなんて!!
 ウエイトは場所、積み方などを工夫して積む事になりました。しかしリストリクターは、新たに製作してから交換です。急に言われてもそう簡単には作れません。裁定を出すならもっと早く言ってもらわないと不公平ですよね。

 4月5日 今回のレースは、木曜日がテストDAYなので移動は水曜日です。私は今回東京組とは別行動、朝一番の新幹線でJLOCファクトリーまで行くことになりました。ティーム本体と一緒に移動です。今年は、機材、レースカーもティームで運搬しています。10トントラック2台です。
 名神高速から中国道、途中のサービスエリアでお昼ご飯です。関西は「そば」ではなく「うどん」です。だしの効いたうどんがとてもおいしいです。津山ICでおりて昼過ぎにサーキット入りし、設営作業に入りますがここに来るまでで疲れてしまいます。今夜は、前回優勝の祝勝会です。6時までで作業終了し、会場に向かいます。おいしい焼肉屋さんでたらふく食べて、のんで、満腹!!!明日からのレースに備えます。
 ホテル?は、大浴場温泉、しかし部屋は2人部屋、どう見ても2LDKのアパートです。間違いなく元アパートでした。明日も早いのでさっさと寝る事にします、ガーガーガー!!(スヤスヤと静かには、寝れませんネ!)

 4月6日 今日の予定。午前はリストリクターの交換作業なんです。昨夜遅く出来上がったリストリクターをエンジンやさんが運んできてくれたのです。世間では1回目の走行をしていますが、1週間前にリストリクターを小さくしろと言われた我々は、皆で黙々とリストリクター交換の作業をして無事完成。
 お昼のお弁当を食べながら、午後の走行イメージを??。いよいよ2回目の走行です。87号車は、NEWエンジンなんです。リストリクターを交換すると、エンジンコンピューターのプログラムを変更しなければならないんですが!!。走ってはデーターを見て調整、また走って調整の繰り返しです。その間にサスペンションの調整、車高、ダンパー、ウイング、と調整作業が続きます。やる事いっぱい!!!大きなトラブルも無く坦々と走行が続きます。

 88号車は順調ですが87号車はタイムが出ません。症状は2台とも同じのようでどうやら路面状態が悪くスリッピー。それに87号車が敏感に反応しているようです。ストレートはかなり遅いです。明らかにパワーが無い!!!。ウエイトとリストリクターのダブルパンチはかなりキツイです!!。
 ティームの作戦としては行けるだけいく。その為の必殺アイテムは、ぶち込んできた!!!しかし2台のタイム差はなんででしょう???。夜の作業はやはりアライメント調整、たいした作業では無いのですが、時間はかかります。余り遅くなると食事する所が無くなってしまいます。ホテルまでの帰り道を探してみましたがやはり見つからず、ラーメン屋らしきお店。しかしホテル街の居酒屋のようで、ご飯物が終わって無い。しかたないので皆でラーメン。これが激マズ!!最低の食事でした。

 4月7日 朝食をコンビにで買うのは、毎日の日課ですが昨夜のような夕食は避けたいので色々な所で情報収集、早く終われば問題ないのですが。今日は公式練習です。1回目の走行は9時から昨日とほぼ同じメニューです。つまり走っては調整、走っては調整の繰り返しです。
 88号車と87号車のタイム差は約1秒トップと2秒離されています。勝負にはなりません、余りにもストレートが遅いことが判明、しかし解決策も無くコーナーで稼ぐしか有りません。名手マルコ選手ですらウ〜〜〜〜〜ン!!走行終了、首脳陣集まってま〜るくなって相談、解決策を思案します。
 2回目の走行は13時から、相変わらずピットインして色々調整を繰り返します。2台とも大きくタイムアップすることは出来ませんでした。つまらないトラブルも出てしまい、ちょっとブルー!!。走行後、気を取り直して皆で協力して作業開始。昨日みたいな食事はごめんです。
 スプリング交換、アライメント調整、リストリクターの2ランクダウンは、予想以上に最悪の結果です。しかしこれ以上リストリクターを小さくされる事は無いでしょうから、この状態が最悪と考えれば上出来です。ただし2台のタイム差には、問題が有りますが?。少し早く作業終了です。
 夕食は、情報により途中のお弁当屋さん。中で食事が出来るお弁当屋さんです。安くて、早くて、まあまあです。昨夜を思えばおいしい食事ができました。ホテルは、本館と別棟です、その中間に大浴場があります、露天風呂もありますが、寒いので辞めておきます!!

給油担当のレース参戦記(岡山)

 4月8日 予選日の朝、なんか曇り空、まさか花粉、黄砂?周りの山々がかすんで見えます。風も強くマスクして準備開始。先ず車検、タイヤマーキング、給油装置もチェックです。1回目目標は31秒後半です。
 88号車が32秒前半、87号車は33秒台と良くない結果ですが、88号車が9番手でスーパーラップ進出です。87号車は、なにやらアライメントがおかしいようです。
 午後の予選2回目ですが、88号車はスーパーラップに備えて走行です。2セット目NEWタイヤで出ます。87号車は、セカンドドライバーの基準クリアーとアライメントの狂いの修正、本番決勝に向けての調整作業です。88号車スーパーラップですが、緊張の中タイムアタックです。モニターに映るムルシーは、微妙にスライドしながら絶妙にコントロールされて走っています。結果は、10位にポジションを落としてしまいました。中古タイヤを考えると上出来です。明日の決勝が楽しみです。
 87号車も決勝に向けて作業開始です。今日はミッションもチェックします。最後にアライメント調整です。燃料を抜き取り燃費計算します。スパナチェック、お掃除と順番にこなしていきます。朝のフリー走行でブレーキパッド、ローターの慣らしをしますので、4輪とも交換します。

 最後のアライメントですが、車高が合わなくて苦労しました。単純な問題では無さそうです。まさかフレームがねじれてる?そんなバカな話は無いです。多少のねじれは有っても1センチもねじれる事は、無いでしょう!!おそらくアンダーカバーが凹んだり、取り付け高さの問題のようです。
 2台とも順調に作業が進み、少し早く終われそうです。今日は、ピット作業の練習は無し、とっとと帰って早く寝る。正解ですネ!!。今日はホテル近くの大きなレストランで夕食です。お土産も有り、岡山名物きびだんごを仕入れました。部屋にもどって大浴場へ。温泉は、気持ちイ〜〜〜〜!!。

 4月9日 決勝日。昨日のような黄砂も無く、少し寒い朝です。1発のタイムより安定したタイムでレースできれば上位進出も可能です。朝のフリー走行は2台とも燃料満タンです。今朝は87号車が速いです。満タンなのに予選タイムと変わりません。
88号車も快調です。トップスピードを押さえられて、オーバーテイクが難しいサーキットでどこまで順位を上げられるか、作戦の勝負です。
 今回は"亀"作戦、のんびり行きましょう。フリー走行の最中87号車がピットインしてきた時、後方確認しないでスタートしかけた500クラスの車両とピットロードで接触、右リアフェンダーとホイールにキズが付きました。ピットロードは、ピットイン車両優先です。まったく!!。インナーフェンダーとリアフェンダーが割れてしまいました。
 決勝に向けて"亀"作戦は、いけそうな感じです。87号車もタイムがやっとでましたし!!。接触の修理、あとはサスペンションを中心によくチェクしておきましょう。比較的余裕のようですが、心配ごとばかりです。無理をせず手堅く。
 スタートは、88号車マルコ選手、87号車山西選手が担当します。スタートでのジャンプUPが楽しみです。私は給油の準備に大忙しです。大体準備が終わるころスタートなんです。いよいよ決勝スタート。500クラスで接触があり、少々心配しましたが、無事300クラスのスタートがきられました。

 88号車は8位まで順位を上げています。87号車は、大きく13位に順位をあげました。88号車は、前を行くポルシェが抜けません。コーナーで詰めるのですが、ストレートで離されます。そのポルシェのラップタイムは35秒台と1秒以上遅いのです。87号車も前を行くビーマックを追い詰めています。なかなか抜けませんが、その前のグループに追いついてきました。快調なペースですが、両車ともに予定タイムより1秒ほど遅い35秒台での走行が続きます。もう少しトップスピードがあればいいのですが!!500クラスに抜かれながらのレースは、抜くタイミングも難しいのでしょう。となればピットワークが勝負です。
 88号車ピットイン、練習していないのに今回も完璧なピット作業です。87号車もミスは無し、完璧!!今回もタイヤ交換は、リア2本だけ、88号車が6位にあがりました。完璧です!!ベストポジション。87号車も和田選手にゴールまでがんばってもらいましょう。

 55周を過ぎた所で87号車和田選手の無線が!!!駆動系のトラブルのようです。ドライブシャフトみたいす!!ガ〜〜〜〜ン!!。今回は、完走チェカーを目指していたのに!!くやし〜〜〜!!。88号車檜井選手は余裕のドライビングです。何とか無事ゴールまでがんばって!。ピット内で椅子に座り腕をくんでラップモニターと映像モニターを見つめています。JLOCのキャンギャルもいっしょです。この一体感!!!。いよいよファイナルラップ、みんなでピットウォールに御出迎えです。88号車は6位入賞です。ヤッホ〜〜〜!!

給油担当のレース参戦記(岡山)

 今回の岡山は、リストリクター+ウエイトのハンデが思いのほか厳しい状況でした。これ以上悪い状況は無いと信じて。次回富士のレースにはウエイトも少しだけ減ります。ティームはリストリクターを1ランクあげるかわりに50kg重りを積むことにしました。しかし富士は500Kmと長いレースになります。1ピット作戦は無理です。2ピット?いつタイヤ交換するか?何本交換するか?大事なレースになりそうです。なんせポイントリーダーですから!!
 次回富士は1日月曜日搬入、2日から走行、4日木曜日決勝です、ア〜〜〜内の家族が見に来るよ!!ま、父親がどんな仕事してるか見せるのもいいか!!カッコイイ所見せとこ???。

[Home] [RaceReport Top]

Copyright © 2000 Japan Lamborghini Owner's Club All Rights Reserved.