JLOC Japan Lamborghini Owner's Club Official Site
JLOC News

ル・マンにいきます!

ル・マンにいきます!
いよいよ『ル・マン24時間レース』にいってまいります。『ル・マン24時間レース』は、1923年に第1回が開始された、世界でもっとも有名なスポーツカー耐久レースです。

 この偉大なレースの主催者、ACO(西部自動車クラブ)は、1906年にモータースポーツ史上はじめてのグランプリ『ACF』を開催するために、また、後の『ル・マン24時間レース』を開催するためにル・マン市に誕生しました。このル・マン市が年に1度国際舞台となるイベントが、『ル・マン24時間レース』です。

 『ル・マン24時間レース』の行われるサルトサーキットのあるサルト県ル・マン市はフランスの首都パリから西南西約200kmに位置する、人口約10万人の温暖で美しい田園地帯です。サルトサーキット(日本ではサルテとよく言われますがこれは英語読みで、現地ではサルトと発音します)のコースは普段からサーキットであるブガッティサーキットと普段生活道路として利用されている周辺の道路を結んだ1周13.605kmの専用コースです。

 『ル・マン24時間レース』は、ヨーロッパの祭典とも言えるもので、たとえレースに興味のない人が連れてこられても十分に楽しめるだけのエンターテイメントと施設を備えています。グランドスタンド裏から3km以上続く夜店は、24時間営業の飲食店はもちろん、見せ物小屋やサーカス、メリーゴーランドまである巨大な即席のアミューズメント施設であり、サーキット内では高級ブランド品のメーカー直営出張所も臨時出店します。

 『ル・マン24時間レース』は、自転車の『ツール・ド・フランス』、テニストーナメントの『ロラン・ガロス』と並びフランスの3大スポーツイベントに数えられます。また、カートの『インディ500』、F1の『モナコ・グランプリ』と並ぶ、世界の3大自動車レースのひとつでもあります。

 Team JLOCはその設立時よりこのル・マン24時間レース参戦を最終目標としていました。国内のGT戦で経験を積みいつかはル・マンという気持ちをティーム全員が持ち続けています。昨年は、ル・マンエンデュランスシリーズ第2戦モンツァ大会に参戦し、レース後半までトップを快走し、その存在を大きくアピールできました。

 そして、TeamJLOCにはムルシエラゴRGT-LMで、GT1クラスに参戦、完走、そしてより上位を目指し、ティーム一丸となって取り組んでいきます。ランボルギーニ車としては初参戦、そして今大会はル・マン24時間レース100周年の節目の年にもあたります。このサイトをご覧のみなさん、私たちのル・マンへの挑戦をどうぞ応援してください。みなさんの力で選手はじめスタッフ一同頑張れます!よろしくお願いいたします。

 私『め』と山西選手は1日に成田で桧井選手や則竹監督と合流し、フランスへ出発します。現地でアピチェッラ選手と合流し6月4日の事前走行会に参加します。そしてその後、則竹監督は一時帰国しますが私と山西、桧井両選手はル・マン市内に滞在します。その前線基地より現地の様子をアップしていくつもりなので楽しみにしてください。

Copyright © 2000 Japan Lamborghini Owner's Club All Rights Reserved.